建築会社・住宅会社・不動産会社様向けサービス 点検・メンテナンス、シロアリ防除、断熱施工、制振工法

住まいのアフターナビ

住宅点検のスペシャリスト集団探訪記

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 住まいのアフターナビ
  4. 木部用防蟻剤に含まれる防腐成分とは?

2017.10.12

ig-consulting

木部用防蟻剤に含まれる防腐成分とは?

こんにちは 牧田です。
pic_workflow12.jpg
今日は、防蟻剤のなかでも防蟻有効成分は置いといて、防腐有効成分について語ってみたいと思います。
pic_medecine05.jpg
私たちが使用している薬剤は「表面処理用木材防腐防蟻剤」として防蟻有効成分(シロアリ防除効果のある成分)にあわせ、防腐成分も加わったものが木部用処理剤として使用されています。
有効成分の主流は、アゾール系や有機ヨウ素系、もしくはどちらも含有された2種(防蟻成分も合わせれば3種)混合の薬剤が多いです。
アゾール系のなかでは、シプロコナゾール・ヘキサコナゾール・プロピコナゾール・テブコナゾールなどがあります。
有機ヨウ素系のなかではIP-BC・IF-NRなどがあります。
アゾール系の作用機構はエルゴステロール生成阻害で、つまりどういうことかというと真菌の細胞壁などを構成する要素を阻害し、発育を阻止していくものです。
有機ヨウ素系の作用機構は実はあまりよく分かっておらず、同じく細胞壁などの機能障害とされています。
アゾール系のもののほうが最近の木材保存剤として登録されることが多く、薬剤として安定しています。
一方、有機ヨウ素系は紫外線で黄変するものもあり、安定性に欠けますがIP-BCは特に以前から上市されており、効力としてきちんとある感じはします。
ちなみに木部防蟻剤のみのカテゴリとしての原体シェアはシプロコナゾールが1位で約40%、ついでIP-BCが2位で約20%のようです。
最近の木部処理剤は臭いが少ないです。薬剤もどんどん進化しています。
それではこれで失礼いたします。
弊社ホームページはこちらからどうぞ。

この記事を書いたのは

ig-consulting

所属:

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このブログは私たちが更新しています

  • 牧田 直也

    所属:静岡県全域

    資格:シロアリ防除施工士、第二種電気工事士、毒物劇物取扱責任者、アイシネンスプレーヤー認定
    お客様へのメッセージ:シロアリ防除工事、断熱工事、点検業務を担当しています。お施主様のお宅をシロアリ、腐朽から守り、より快適な住環境を提供できるよう日々考えています。

  • 相川 祐也

    所属:神奈川県

    資格:しろあり防除施工士、第二種電気工事士
    お客様へのメッセージ:お客様に、安全、安心を提供する事がアフターサービス課の使命だと思っています。なんでもご相談ください!

  • 松原 雅

    所属:関東・神奈川エリア

    資格:シロアリ防除施工士、住宅メンテナンス診断士
    お客様へのメッセージ:点検、施工、検査等々で、お会いする機会があると思います。色々な視点から、お客様・住宅にベストな住まい造りをご提案・サポートをしてまいります。

  • 鈴木 誠

    所属:静岡県中部・東部

    資格:シロアリ防除施工士、第二種電気工事士、住宅メンテナンス診断士
    お客様へのメッセージ:住宅に関わる事は、調査、施工と幅広く行っております。お気軽に声をかけて下さい。

  • 佐藤 昭仁

    所属:愛知県尾張エリア・岐阜県

    資格:しろあり防除施工士、蟻害腐朽検査士、第2種電気工事士、ペストコントロール技術者1級、毒物劇物取扱責任者、アイシネンスプレーヤー認定、職長・安全衛生責任者
    お客様へのメッセージ:ビルダー様と共に、お客様に健康かつ快適に住んでいただけるよう、お家の点検、アドバイス、または施工の話をできればと思います!