建築会社・住宅会社・不動産会社様向けサービス 点検・メンテナンス、シロアリ防除、断熱施工、制振工法

住まいのアフターナビ

住宅点検のスペシャリスト集団探訪記

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 住まいのアフターナビ
  4. アメリカカンザイシロアリと木材穿孔害虫との食痕の違い

2017.10.07

ig-consulting

アメリカカンザイシロアリと木材穿孔害虫との食痕の違い

こんにちは 牧田です。
関東エリアでの点検をする場合アメリカカンザイシロアリが生息している地域がありますので注意が必要です。
アメリカカンザイシロアリとは、日本に定着した外来種のシロアリです。
pic_picturebook09.jpg
※写真は兵蟻
国内全域に生息している地下シロアリの分類になるヤマトシロアリとは違い、乾材シロアリの分類になるアメリカカンザイシロアリは群飛し羽アリの状態で家屋に侵入し、土壌を介さず木材内部を加害していきます。
このように加害部には砂粒状の糞がみられます。
pic_picturebook12.jpg
拡大してみてみると
pic_picturebook11.jpg
米俵のような形状をしています。
この筋のようなものは排出されるときに出来、こういった形状になります。
一方、ヒラタキクイムシに代表される木材穿孔害虫はアメリカカンザイシロアリがだす砂粒状の糞ではなく、「フラス」と呼ばれる細かい木くずのようなものがでてきます。
※アメリカカンザイシロアリも木材内部に入る最初の穿孔場所にはフラスが残ります。
ヒラタキクイムシは木材内部に幼虫が生息し、成虫となり外に出る際に木材に穴が開きフラスがでてきます。この穴を脱出孔と呼んでいます。
キクイムシ被害.JPG
木材穿孔害虫とひとくくりにいっても、シバンムシ類はまた違った糞を排出します。
好む木材も変わってきますので、また機会があればお伝えします。
では、本日はこれで失礼いたします。
弊社ホームページはこちらからどうぞ
common10.gif

この記事を書いたのは

ig-consulting

所属:

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このブログは私たちが更新しています

  • 牧田 直也

    所属:静岡県全域

    資格:シロアリ防除施工士、第二種電気工事士、毒物劇物取扱責任者、アイシネンスプレーヤー認定
    お客様へのメッセージ:シロアリ防除工事、断熱工事、点検業務を担当しています。お施主様のお宅をシロアリ、腐朽から守り、より快適な住環境を提供できるよう日々考えています。

  • 相川 祐也

    所属:神奈川県

    資格:しろあり防除施工士、第二種電気工事士
    お客様へのメッセージ:お客様に、安全、安心を提供する事がアフターサービス課の使命だと思っています。なんでもご相談ください!

  • 松原 雅

    所属:関東・神奈川エリア

    資格:シロアリ防除施工士、住宅メンテナンス診断士
    お客様へのメッセージ:点検、施工、検査等々で、お会いする機会があると思います。色々な視点から、お客様・住宅にベストな住まい造りをご提案・サポートをしてまいります。

  • 鈴木 誠

    所属:静岡県中部・東部

    資格:シロアリ防除施工士、第二種電気工事士、住宅メンテナンス診断士
    お客様へのメッセージ:住宅に関わる事は、調査、施工と幅広く行っております。お気軽に声をかけて下さい。

  • 佐藤 昭仁

    所属:愛知県尾張エリア・岐阜県

    資格:しろあり防除施工士、蟻害腐朽検査士、第2種電気工事士、ペストコントロール技術者1級、毒物劇物取扱責任者、アイシネンスプレーヤー認定、職長・安全衛生責任者
    お客様へのメッセージ:ビルダー様と共に、お客様に健康かつ快適に住んでいただけるよう、お家の点検、アドバイス、または施工の話をできればと思います!