建築会社・住宅会社・不動産会社様向けサービス 点検・メンテナンス、シロアリ防除、断熱施工、制振工法

住まいのアフターナビ

住宅点検のスペシャリスト集団探訪記

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 住まいのアフターナビ
  4. 床下に湿気がある状態とは?

2020.06.18

牧田 直也

床下に湿気がある状態とは?

こんにちは 牧田です。

床下に湿気がある状態とはどういた状態なのでしょうか?

放置しておいても問題ないのでしょうか?

今回は、そんな内容の記事をご紹介します。

床下に湿気がある状態とは?

床下に湿気がある状態とはどんな状態なのでしょうか?

主に2つの条件が重なった時と言えます。

  • 湿度が高い
  • 空気の対流がない

ある程度湿度があっても、通気が良く、床下全体の空気があっという間に入れ替わるようなら湿気がある状態になりにくいです。

湿度が高ければ高いほど対流があっても、床下に湿気がある状態になってしまいます。

床下の湿度が高くなる時

床下の湿度が高まるときは土壌やコンクリートからの揮発する水分が大きく影響します。

湿度が高ければ、木材やコンクリートにも結露をしてしまうリスクが高まります。

特に床下が土の場合は、揮発する水分が多くなりがちです。

コンクリートであってもコンクリートから揮発する水分があるので注意が必要です。

床下の通気が悪い時

床下の通気が悪い時はこんなことが考えられます。

  • 基礎の開口部が小さいまたは無い
  • 1回床面積が大きく、基礎が入り組んでいる
  • 基礎パッキンに外壁が大きくかぶっている
  • 隣地に住宅が多い

もともと住宅の床下は家を支える為大きな開口部が作りにくかったり、基礎がいりくんでいたりします。

どうしても風が通りにくい状態になりがちです。

湿気があるとどんなデメリットがあるのか?

床下に湿気があるとどんなデメリットがあるのでしょうか?

  • 木部や断熱材に結露が発生
  • 結露等が原因でカビや腐朽が発生
  • 腐朽が発生して木材の強度が劣化
  • 水分そのものの影響で断熱材が脱落

一気にこういった現象が起きる事はないですが、初期段階で対策を打っておいた方が症状がない段階で環境を改善できますので、早期の対策がおすすめです。

この記事を書いたのは

牧田 直也

所属:静岡県全域

資格:シロアリ防除施工士、第二種電気工事士、毒物劇物取扱責任者、アイシネンスプレーヤー認定
お客様へのメッセージ:シロアリ防除工事、断熱工事、点検業務を担当しています。お施主様のお宅をシロアリ、腐朽から守り、より快適な住環境を提供できるよう日々考えています。

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このブログは私たちが更新しています

  • 牧田 直也

    所属:静岡県全域

    資格:シロアリ防除施工士、第二種電気工事士、毒物劇物取扱責任者、アイシネンスプレーヤー認定
    お客様へのメッセージ:シロアリ防除工事、断熱工事、点検業務を担当しています。お施主様のお宅をシロアリ、腐朽から守り、より快適な住環境を提供できるよう日々考えています。

  • 相川 祐也

    所属:神奈川県

    資格:しろあり防除施工士、第二種電気工事士
    お客様へのメッセージ:お客様に、安全、安心を提供する事がアフターサービス課の使命だと思っています。なんでもご相談ください!

  • 松原 雅

    所属:関東・神奈川エリア

    資格:シロアリ防除施工士、住宅メンテナンス診断士
    お客様へのメッセージ:点検、施工、検査等々で、お会いする機会があると思います。色々な視点から、お客様・住宅にベストな住まい造りをご提案・サポートをしてまいります。

  • 鈴木 誠

    所属:静岡県中部・東部

    資格:シロアリ防除施工士、第二種電気工事士、住宅メンテナンス診断士
    お客様へのメッセージ:住宅に関わる事は、調査、施工と幅広く行っております。お気軽に声をかけて下さい。

  • 佐藤 昭仁

    所属:愛知県尾張エリア・岐阜県

    資格:しろあり防除施工士、蟻害腐朽検査士、第2種電気工事士、ペストコントロール技術者1級、毒物劇物取扱責任者、アイシネンスプレーヤー認定、職長・安全衛生責任者
    お客様へのメッセージ:ビルダー様と共に、お客様に健康かつ快適に住んでいただけるよう、お家の点検、アドバイス、または施工の話をできればと思います!