建築会社・住宅会社・不動産会社様向けサービス 点検・メンテナンス、シロアリ防除、断熱施工、制振工法

住まいのアフターナビ

住宅点検のスペシャリスト集団探訪記

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 住まいのアフターナビ
  4. 【床下環境は過酷?】

2021.08.06

佐藤 昭仁

【床下環境は過酷?】

こんばんは! 名古屋支店アフターサービス課の佐藤です!

夏日真っ只中なので、お客様によく、床下は暑いの?涼しいの?と

聞かれます。

日が当たらないところになるので、涼しいくも感じます。

気温的にも下がります。

ただ、床下の状態にもより、湿気が多かったり、通風が弱かったり

でも違います。

【コンクリートだから湿気が無いわけではない?】

『うちはコンクリートだからあまり湿気があることにピンとこない』

という話も聞きます。

確かに土よりは湿気がないわけではないですが、コンクリートの

床下でもカビや結露が発生します。




コンクリートからの発生であったり、温かい空気が床下に入り、

冷やされ、結露につながる事もあります。


コンクリート製のモノレールの軌道(画面右手から奥へ伸びる。米国シアトル
砂利などをセメントで固めた物で建築土木工事材料として多く利用される。コンクリートは鋼材とともに現代の建築土木工事には不可欠な構造材料である[1]強度と価格の面や施工の安易さから、一般に最も広範に使用されている建築資材の一つであり、建築物道路ダム高架橋トンネル港湾設備と用途は幅広い。

Wikipediaより

これもお家の端から端に通風が流れず、停滞することも要因です。

湿度上昇を緩和すること、通風を良くすることが重要です。

まずは現状を知っていただくためにも、お気軽にご連絡ください。

この記事を書いたのは

佐藤 昭仁

所属:愛知県尾張エリア・岐阜県

資格:しろあり防除施工士、蟻害腐朽検査士、第2種電気工事士、ペストコントロール技術者1級、毒物劇物取扱責任者、アイシネンスプレーヤー認定、職長・安全衛生責任者
お客様へのメッセージ:ビルダー様と共に、お客様に健康かつ快適に住んでいただけるよう、お家の点検、アドバイス、または施工の話をできればと思います!

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このブログは私たちが更新しています

  • 牧田 直也

    所属:静岡県全域

    資格:シロアリ防除施工士、第二種電気工事士、毒物劇物取扱責任者、アイシネンスプレーヤー認定
    お客様へのメッセージ:シロアリ防除工事、断熱工事、点検業務を担当しています。お施主様のお宅をシロアリ、腐朽から守り、より快適な住環境を提供できるよう日々考えています。

  • 相川 祐也

    所属:神奈川県

    資格:しろあり防除施工士、第二種電気工事士
    お客様へのメッセージ:お客様に、安全、安心を提供する事がアフターサービス課の使命だと思っています。なんでもご相談ください!

  • 松原 雅

    所属:関東・神奈川エリア

    資格:シロアリ防除施工士、住宅メンテナンス診断士
    お客様へのメッセージ:点検、施工、検査等々で、お会いする機会があると思います。色々な視点から、お客様・住宅にベストな住まい造りをご提案・サポートをしてまいります。

  • 佐藤 昭仁

    所属:愛知県尾張エリア・岐阜県

    資格:しろあり防除施工士、蟻害腐朽検査士、第2種電気工事士、ペストコントロール技術者1級、毒物劇物取扱責任者、アイシネンスプレーヤー認定、職長・安全衛生責任者
    お客様へのメッセージ:ビルダー様と共に、お客様に健康かつ快適に住んでいただけるよう、お家の点検、アドバイス、または施工の話をできればと思います!

  • 宮川辰也

    所属:神奈川県

    資格:シロアリ防除施工士、第二種電気工事士
    お客様へのメッセージ:お客様に安心してお過ごし頂けるサービスを提供致します。施工・点検でお会いした際はお気軽にお声がけ下さい。