建築会社・住宅会社・不動産会社様向けサービス 点検・メンテナンス、シロアリ防除、断熱施工、制振工法

住まいのアフターナビ

住宅点検のスペシャリスト集団探訪記

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 住まいのアフターナビ
  4. 【イエシロアリの被害が拡大するのは?】

2021.07.02

佐藤 昭仁

【イエシロアリの被害が拡大するのは?】

こんばんは! 名古屋支店アフターサービス課の佐藤です!

どこのサイトでも、ほぼ日本全土に生息するヤマトシロアリより、

イエシロアリの方が被害が拡大する、と言われています。

それは何故なのか?

生態から考えたいと思います。

【自ら水分を補給できる?】

ヤマトシロアリは、食害しながら群れが移動するため、群れで生息している

箇所が『巣』になります。

ただ乾燥を嫌うため(乾燥すると生きていけないため)、水分がある場所へ

侵攻していくことが多いです。

水分と言っても水溜まりほどは必要ないため、結露する壁内や、雨漏りなど

あった際は、食害箇所が濡れている状態のため、侵攻しやすいです。

イエシロアリは、固定巣をつくるため、また『分巣』という中継地点のような

巣もつくるため、その間の箇所、木材が大きく食害されることにもなります。

また、水分を自ら(自分たち)で収集しにいくことができるため、乾燥して

いようが関係ありません。

イエシロアリ駆除に行くと、お家の床下配管廻りから侵入していくことも見受

けられます。


イエシロアリは、乾燥した材に水や湿った土を運び込むことで、乾いた材を湿らせる習性があるため、食害範囲が大きく広がること、および、巣が材の外の地下にもあり、時には100mも離れた場所にまで被害が広がることがあるためである。同時に、このことが、防除を困難にもしている。

Wikipediaより

そういった類まれな生態だからこそ、被害が拡大してしまうことも多いです。

イエシロアリ駆除を確実に行うためには、巣ごと撤去、根絶する必要があります

ので、知識、また技術力、薬剤をより安全、効果的に選定している業者選びが

必要です。

お気軽にご連絡ください。

この記事を書いたのは

佐藤 昭仁

所属:愛知県尾張エリア・岐阜県

資格:しろあり防除施工士、蟻害腐朽検査士、第2種電気工事士、ペストコントロール技術者1級、毒物劇物取扱責任者、アイシネンスプレーヤー認定、職長・安全衛生責任者
お客様へのメッセージ:ビルダー様と共に、お客様に健康かつ快適に住んでいただけるよう、お家の点検、アドバイス、または施工の話をできればと思います!

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このブログは私たちが更新しています

  • 牧田 直也

    所属:静岡県全域

    資格:シロアリ防除施工士、第二種電気工事士、毒物劇物取扱責任者、アイシネンスプレーヤー認定
    お客様へのメッセージ:シロアリ防除工事、断熱工事、点検業務を担当しています。お施主様のお宅をシロアリ、腐朽から守り、より快適な住環境を提供できるよう日々考えています。

  • 相川 祐也

    所属:神奈川県

    資格:しろあり防除施工士、第二種電気工事士
    お客様へのメッセージ:お客様に、安全、安心を提供する事がアフターサービス課の使命だと思っています。なんでもご相談ください!

  • 松原 雅

    所属:関東・神奈川エリア

    資格:シロアリ防除施工士、住宅メンテナンス診断士
    お客様へのメッセージ:点検、施工、検査等々で、お会いする機会があると思います。色々な視点から、お客様・住宅にベストな住まい造りをご提案・サポートをしてまいります。

  • 佐藤 昭仁

    所属:愛知県尾張エリア・岐阜県

    資格:しろあり防除施工士、蟻害腐朽検査士、第2種電気工事士、ペストコントロール技術者1級、毒物劇物取扱責任者、アイシネンスプレーヤー認定、職長・安全衛生責任者
    お客様へのメッセージ:ビルダー様と共に、お客様に健康かつ快適に住んでいただけるよう、お家の点検、アドバイス、または施工の話をできればと思います!

  • 宮川辰也

    所属:神奈川県

    資格:シロアリ防除施工士、第二種電気工事士
    お客様へのメッセージ:お客様に安心してお過ごし頂けるサービスを提供致します。施工・点検でお会いした際はお気軽にお声がけ下さい。