サービス・商品

シロアリ防除工事

アイジーコンサルティングからのメッセージ

アイジーコンサルティングのシロアリ防除に対する姿勢。それは、「被害を未然に防ぐ」という予防の姿勢です。
1899年の創業当時から、数多くの被害現場の施工をして参りました。中には、大規模な改修工事や建替えが必要になってしまうほどの現場もありました。
ビルダー様よりお任せ頂いたお施主様には、絶対同じ思いをさせてはならない。それが、ビルダー様とお施主様と当社とのお約束です。長年培った技術力を、目まぐるしく変わる建築工法に適応させ、その時々に応じた最も効果的な防除方法をご提案させて頂いております。
アイジーコンサルティングは、「永く安心して暮らせる住まいづくりのお手伝い」を合言葉に、地域のビルダー様と共に歩んで参ります。

シロアリ防除とは

住宅を長持ちさせるための基礎的な処方箋

建築基準法では、防蟻・防腐に対する明確な基準は設けられていません。しかし、建築基準法はあくまでも最低基準なことはご存知の通りです。
平成21年6月4日に施工された長期優良住宅法にも見られるように、これからはより高いレベルの住宅品質が求められる時代。特に、今までの日本の住宅寿命30年を100年に延ばすため、「どうやって長持ちさせるか」が注目されるようになりました。
特に、木造住宅に永く住むためには、構造躯体である土台・大引き・根太・柱などの構造材を、健全に保つための処置が必要不可欠となります。そのための基準は、住宅性能表示制度により設けられた「劣化対策等級」において、ランクごとに明記されています。

等級 基準
3 約75~90年間は大規模な改修工事が不要。
2 約50~60年間は大規模な改修工事が不要。
1 建築基準法に定める対策がなされている。

ここで、等級2、等級3を取得するための方法に、防蟻・防腐薬剤による処理が挙げられています。
特に、最高ランクとされる等級3を取得するのには、薬剤による処理が最も確実です。

劣化等級3の取得に向けた課題

劣化等級3を取得するには、次の方法があります。

等級 基準
柱・間柱・筋交い・胴縁 通期層が設けられる 防蟻・防腐に有効な薬剤処理を施す または 太い部材を使う(小径135mm) または D1樹種を使う(小径120mm)
土台 K3相当以上の防腐・防蟻処理を施す または 特定D1樹種(※表参照)を使う

※D1樹種について (太字が特定D1樹種)

ヒノキ、ヒバ、ベイヒ、ベイヒバ、ベイスギ、ケヤキ、クリ、タイワンヒノキ、ウエスタンレッドシーダー、スギ、カラマツ、ダフリカカラマツ、コウヤマキ、サワラ、ネズコ、イチイ、カヤ、クヌぎ、ミズナラ、米マツ(ダグラスファー)、アピトン、ウエスタンラーチ、カプール、ケンパス、セランガンバツ、タマラック又はパシフィックコーストイエローシーダー

これだけで判断すると、一見薬剤処理をしなくても等級3の取得は可能に見えます。
しかし、現実的には防蟻処理をしない条件をクリアするのは困難です。筋交いや間柱に小径120mm以上の部材は通常使わないため、設計段階から構造を見直さないと適用できません。基準以下の小径になる場合には、薬剤の処理が指定されています。また、D1樹種を全ての部材に用いることもコストアップになります。

劣化対策等級の落とし穴

この基準には、建築側として現実的に抱えることになる落とし穴があります。
それは、この基準はあくまで国土交通省が定めた「基準」であって、劣化が生じた際の「保証」ではないという点です。
住宅瑕疵担保責任保険でも、シロアリによる食害は免責事項とされていますので、工務店・お施主様が補修・駆除費用を負担することになります。そして、現実的には建築側の責任が追求されることになりかねません。
大手ハウスメーカーでさえ、長期優良住宅への取り組みをしていながら、新築時の防蟻・防腐処理を継続しています。これは、建築側がお施主様に果たすべき責任として、住宅に「保証」を付けることを優先しているからに他なりません。

最小限のリスクとコストで、お施主様へ安心を提供する

最小限のコストとリスクで、劣化等級3の取得と機関保証による確実な保証を実現する方法。それは新築時の防蟻・防腐処理です。
雑工事に分類される防蟻処理ですが軽視することは危険です。新築時のわずかな投資で、お施主様に永く安心して住んで頂ける住宅の提供につながります。そしてそれがビルダー様への信頼へとつながっていくのです。

アイジーコンサルティングのサービスエリア

アイジーコンサルティングのサービスエリア

営業所
千葉店   [blog] [map] 静岡店   [blog] [map] 豊川店   [blog] [map]
大宮店   [blog] [map] 掛川店   [blog] [map] 岡崎店   [blog] [map]
横浜支店   [blog] [map] 磐田店   [map] 名古屋南店   [blog] [map]
厚木店   [blog] [map] 浜松支店   [blog] [map] 名古屋支店   [blog] [map]
沼津店   [blog] [map] 豊橋店   [blog] [map] 春日井店   [blog] [map]
岐阜支店   [blog] [map]
新築・リフォーム ショールーム
豊橋ショールーム   [blog] [map] 磐田ショールーム   [blog] [map]
名古屋ショールーム   [map] イオンモール浜松市野ショールーム   [blog] [map]

お問い合わせ総合お問い合わせフォームへ

  • 浜松本社
  • 〒430-0906
    静岡県浜松市中区住吉4-9-5 [MAP]
    TEL:053-473-8230 FAX:053-473-8057
    Email:about@ig-consulting.co.jp
  • 東京事業本部
  • 〒103-0027
    東京都中央区日本橋3-5-12日本橋MMビル10F [MAP]
    TEL:03-3527-9730 FAX:03-3527-9740
    Email:ig-builder@ig-consulting.co.jp

許可番号

  • ● 建設業許可 国土交通大臣許可(般-24)第20412号
  • ● 宅地建物取引業 国土交通大臣(2)第8168号
  • ● 一級建築士事務所 静岡県知事登録(2)第6562号