サービス・商品

セルロースファイバー

アメリカでNo.1の実績「セルロースファイバー」

断熱材は、住宅にとって命です。 この断熱材の良し悪しで住宅の寿命が決まると言っても過言ではありません。 住宅の寿命が決定する一番の原因は結露です。そして、結露はカビを発生させます。カビはダニを呼びダニは浮遊して喘息の原因に・・・

また、湿度の高い環境はシロアリが発生しやすくな ります。すると、建物の主要な土台や柱をシロアリが食べ散らか してしまい、危険な状態になってしまいます。

またこれからの住宅資材は、地球環境に優しくなくてはなりません。セルロースファイバーは出荷前の新聞古紙をリサイクルしたものです。製造過程でも、一般的な内断熱材であるグラスウールを製造するよりも格段に少ないエネルギーで製造することができます。

セルロースファイバーは、地球の将来を考えた、エコロジーな断熱材なのです。また、アメリカでのセルロースファイバーのシェアは、グラスウールを抜いて普及率トップとなっています。

セルロースファイバー 安全基準に厳しいアメリカで60年の実績。

素材別断熱材比較

種類 セルロースファイバー 抽出法
ポリスチレンフォーム
グラスウール ロックウール
主原料 新聞古紙等
エコ商品(自然素材系)
ポリスチレン
プラスチック系断熱材(有
ガラス原料 玄武岩等
断熱区分 C相当 D相当 E相当 B相当 C相当 A~C相当
熱伝導率
W/m・k
(Kcal/mh
25k~45k
0.04
(0.034)
2種
0.034
(0.029)
3種
0.028
(0.024)
16k
0.045
(0.039)
24k
0.038
(0.033)
30~50
0.038
(0.033)
※小さいほど断熱性が高い
透湿率 
Ng/m2・S・Pa
155 145以下 170 170
※小さいほど水分を通しづらい
長所 ホウ素で難燃処理しており、防虫効果も高く、防燃性能もある。 (準不燃材料:国交省認定)吸放湿性があり、結露しにくく、カビの発生もしづらい。55㎏/㎥で充填する為、防音効果にも優れる。 難燃性・断熱性・耐圧性に優れている。
(吸水性も小さい為、気密シート無しでも施工が可能。)
非常に安価である。高性能の物を使用すれば高断熱住宅が可能である。燃えにくくシロアリの食害もない。 熱に非常に強い。
石綿と違い発ガン性もない。
短所 価格が少し高い。
(施工前に配線・配管工事を終わらせていく必要がある。)
価格が少し高い。
基礎の外断熱に使用する際はシロアリ対策が必要。
空気や水を透すため、建築構造によっては性能を低下させる場合がある。撥水処理された物もあるが、断熱層に水分が触れないよう注意が必要。施工業者の良し悪しで性能保持や耐久性にムラが出やすい。 撥水性は強いが一度水分を吸い込むと乾きづらい。

断熱材の素材は大きく「無機繊維質系」「有機繊維質系」「発泡プラスチック系」の三つに分類できます。
例えば、「無機繊維質系」にはグラスウール、「有機繊維質系」にはセルロースファイバー、「発泡プラスチック系」にはウレタンフォームがあります。それぞれの特徴を上記の表に示しました。

中でも特筆すべきは、有機繊維質系のものとその他のものでは、「調湿性能」に大きな差があるという点です。無機繊維質系・発泡プラスチック系の素材は吸湿性能が低く、壁内結露が起きることもあります。これは、住宅の寿命を縮めてしまうことは勿論、そこに繁殖するカビなどが原因でお施主様の健康に影響する場合もあります。特に、日本は高温多湿な気候なので、古来より土壁を使うなど湿気対策を意識して建築されてきました。その地域の気候にあわせて断熱材を選定することが、重要となってきます。

国の施策

「長期優良住宅普及促進法」の制定や「住宅版エコポイント」等の実施によりお施主様の省エネ意識は今までにないほど高まりを見せています。また、省エネ等級4相当という明確な指標が設けられ、適合する断熱材や施工方法などが限定されました。ここでも地域の気候ごとに基準が異なっており、国の方針として一律な対策ではなく、地域性を踏まえた対策を進めていくことが伺えます。
最近の取り組みとしては、環境省の「21世紀環境共生型住宅のモデル整備による建設促進事業」(略称:エコハウスモデル事業)です。全国20の自治体で、環境省から補助金を受けてエコハウスのモデル住宅が建築されました。地域におけるエコハウスの普及・促進を狙った政策です。

当社の営業エリアでは、静岡県浜松市が建築しました。浜松市のエコハウスのキーワードは「断熱・蓄熱・通気性」で、使用されている断熱材がセルロースファイバーです。しかも屋根・天井・壁・床下の断熱材が必要な全ての部分に使用されています。モデルハウス内にはセルロースファイバーを充填した壁内の模型や遮音性能が実験できる装置もあり、次世代断熱材として紹介されています。

国の施策 国の施策

浜松市エコハウスモデル住宅「きづきの森」

アイジーコンサルティングのサービスエリア

アイジーコンサルティングのサービスエリア

営業所
千葉店 [map] 大宮店   [map] 横浜支店 [map]
厚木店 [map] 沼津店  [map] 静岡店 [map]
掛川店  [map] 磐田店 [map] 浜松支店  [map]
豊橋店 [map] 豊川店  [map] 岡崎支店  [map]
名古屋南店 [map] 春日井店 [map] 名古屋支店 [map]
岐阜支店 [map]

新築・リフォーム ショールーム
豊橋ショールーム    [map] 磐田ショールーム   [blog] [map]
名古屋ショールーム   [map] イオンモール浜松市野ショールーム   [map]

お問い合わせ総合お問い合わせフォームへ

  • 浜松本社
  • 〒430-0906
    静岡県浜松市中区住吉4-9-5 [MAP]
    TEL:053-473-8230 FAX:053-473-8057
    Email:about@ig-consulting.co.jp
  • 東京事業本部
  • 〒103-0027
    東京都中央区日本橋3-5-12日本橋MMビル10F [MAP]
    TEL:03-3527-9730 FAX:03-3527-9740
    Email:ig-builder@ig-consulting.co.jp

許可番号

  • ● 建設業許可 国土交通大臣許可(般-24)第20412号
  • ● 宅地建物取引業 国土交通大臣(2)第8168号
  • ● 一級建築士事務所 静岡県知事登録(3)第6562号