アイシネン現場見学!

こんにちは!
アイジーコンサルティング静岡店の山中です(^^)/

本日は、工事の始まった沼津市のアイシネン現場へ行ってきました!

FullSizeRender.jpg


今回は鉄骨造の改築物件ということで、
いつもと違った雰囲気の中作業が進められていました。

ちなみに、静岡店へも昨日から新入社員が配属されたので、
勉強の為一緒に現場へ行きました。


IMG_0516.JPG


恥ずかしいようで、カメラを向けたら顔を隠されてしまいましたが、
新しく静岡店の仲間になった小林さんです。
初めて見るアイシネンの現場に興味深々な様子です。

間近で工事を見た第一声が「スポンジケーキみたい!!」でした。
新鮮な反応がなんだか嬉しくもあります。

アイシネンを住宅の断熱材として利用することで得られる効果は大きく3つです。

①高気密・高断熱

②ヒートショック対策

③省エネ効果


近年では多くなった高気密・高断熱住宅ですが、
アイシネンの高発泡で隙間なく充填される性能によって、高い気密性を実現します。
グラスウールなどの一般的な断熱材に比べて断熱欠損が起こりにくく、熱伝導率だけではなく総合的に高い断熱性能が維持できます。

また、住宅全体の温度差が縮まることにより、ヒートショックの予防にもなります。

更には「外部との熱移動」を防ぐため、エアコン等冷暖房設備の効きが良くなり、冷暖房費の軽減に貢献します。


近年、断熱材の選定に力を入れているビルダー様も増えてきていますね。
発泡系の断熱材にご興味のある際はぜひご検討ください!

アイジーコンサルティング アイシネン断熱材
http://www.ig-corp.jp/service/icynene/


最後に、シロアリの羽蟻が発生しています!!
この時期の羽蟻にはご注意ください。


【合わせてご覧頂きたいお勧めコンテンツ】


■4月下旬から始まるヤマトシロアリ群飛に備え、ハネアリの特徴をチェック!!
 >> 図解と動画でサクッと把握できる「シロアリ図鑑」はこちら



■活用方法は10社10色!経営に役立つ「床下調査」の活用事例をチェック!!
 >> 提携ビルダー様へのインタビューをご紹介しています

ウッドデッキとシロアリ被害

こんにちは、アイジーコンサルティング名古屋支店の佐藤です。

昨日は同期の臼井の結婚式のため、横浜まで行って参りました^^★

IMG_5809.JPG

退職したメンバーも来たので、久しぶりにみんなとゆっくり話せました♪

とっても仲良しで幸せそうな新郎新婦です^^お幸せにっ♡

◆ ◆ ◆ ◆

結婚したら一戸建てを・・・なんて考えるご夫婦も多いですよね。

お家を作る際、かなりの高確率でシロアリ発生を招くものがあるのですが、
さて何でしょう??

......チクタクチクタク......

答えは!

いくつかあるのですが、

今回は「ウッドデッキ」と致しますっ!(なんじゃそりゃ)

ウッドデッキ、オシャレですよね♪♪

私も新築建てたらウッドデッキでお酒飲みたいな~なんて妄想しているのですが
如何せんシロアリ被害にバンバン合うのです。。

弊社で点検をしたお宅でもウッドデッキでシロアリが上がっている物件は多々あります。

とっても立派なウッドデッキのこちらのお宅。

IMGP3220.jpg

このようにシロアリに食べられてしまっています。

IMGP3219.jpg

こちらのお宅でもしっかり蟻道が上がっています。

IMGP7317-thumbnail2.jpg

原因としては、やはり木材が直接土に接しているからです。

土の中で暮らすシロアリにとっては格好の餌なんですよね。

ウッドデッキはシロアリ被害にあいやすいことに加え、
定期的にメンテナンスで塗り直すことが必要ですので、維持がちょっと大変です^^;

樹脂製のウッドデッキなどもありますのでオススメですよ^^

◆ ◆ ◆

本日、名古屋支店に2名新卒が配属されました。

IMG_5810.jpg

兒玉くん(左)と川野さん(右)です。

良い笑顔を見せてくれました☆よろしくお願い致します^^

【合わせてご覧頂きたいお勧めコンテンツ】

■4月下旬から始まるヤマトシロアリ群飛に備え、ハネアリの特徴をチェック!!
 >> 図解と動画でサクッと把握できる「シロアリ図鑑」はこちら

■活用方法は10社10色!経営に役立つ「床下調査」の活用事例をチェック!!
 >> 提携ビルダー様へのインタビューをご紹介しています


お母さん頑張る!

こんにちは、岐阜支店の片山です。

先日夜なべして(今までやって無かっただけですが)

子どもの上靴入れと、給食袋を作りました!!

1492742167264.jpg

今年1年生になった女の子の上靴入れ。

ちょっと長くなってしまい、大人の靴も入りそう・・・

1492742176972.jpg

4年生の男の子の給食袋。ランドセルにいつも引っ掛けていて

あたって穴が開いてしまうので、内側補強。

1492742185995.jpg

女の子用の布が余っていたので、使ったところ

「何でこんな布使うの!」とちょっと怒っていました。

内側が見えないように、入り口をしっかりと絞って使っています。


「裁縫なんて苦手!」な片山ですが、出産後ミシンを購入し

時々作っていますが、いつもお手本通りに仕上がらず不思議です。

他の子どもの持ち物を見ると、

すごくかわいく仕上がっていたり、すごく手が込んでいたり

するので、みんなスゴイな~と感心しています。


最近、ビルダーさんの広告に

「働くお母さんに優しい家」とか「お母さんがうれしい家」

などと載っていて、ちょっと癒されています。

そうやって言ってもらえるだけで、うれしい気持ちになります。

皆様ありがとうございます!!

岐阜支店の事務所で隣の席に座っている

アフターサービス課の竹中君が、

1490771129756.jpg

住宅点検のブログを書いていることを知りました。

白蟻写真が多いのですが、アフター管理サポートサービスの内容も

ありますので、是非ご覧下さい。

「住宅点検スペシャリスト 住まいのアフターナビ」

【合わせてご覧頂きたいお勧めコンテンツ】

■4月下旬から始まるヤマトシロアリ群飛に備え、ハネアリの特徴をチェック!!
 >> 図解と動画でサクッと把握できる「シロアリ図鑑」はこちら

■活用方法は10社10色!経営に役立つ「床下調査」の活用事例をチェック!!
 >> 提携ビルダー様へのインタビューをご紹介しています


シロアリの羽蟻の面白い見分け方

こんにちは、緒方です。

今日は埼玉のお取引先様から、虫の相談があるとのことで向かいました!

見ると、シロアリの羽蟻でした。

よく、黒アリは三頭身だけれども、
シロアリは寸胴とか言いますよね。

それでも昔は、とくに新入社員で入りたての頃。
見分けが難しかった〜。

見本の写真と見比べたりしていました。


今は、パッと見でもわかるくらいに成長したのですが、
この時期にしか見れないからこそ、
ある特徴を見て判断するようにしています。

こちらをご覧ください。
IMG_3567.JPG

これは、昔に私が描いた絵なのですが...

羽の長さがひとつ特徴です。

しかし、羽の判断ができない時もあります!

今日採取してもらっていたシロアリもそうでした。


なぜかと言うと...

IMG_3566.JPG

シロアリの羽蟻は羽を切り落とすのです。


その時に、もうひとつ判断できるものがあります。

わたし的には本当だ〜〜!と、なんだかワクワクしてしまう特徴です。

絵を見てお気づきでしょうか。


触覚が数珠状なんです!!!!!


ただし、とても小さいので、
お近くが見えない方はルーペを是非ご用意ください!


本物はこちら
IMG_3568.JPG

見えますか??

なんだか神秘的ですよ〜。


今年、シロアリの羽蟻かもしれない虫に遭遇したら、
是非触覚を見てください。


そして、漏れ無く触覚が数珠状になっていましたら、
私たちにお問い合わせください!

一匹一匹は弱い生き物ですが、
コロニー全体は簡単には駆除できない生き物です。


【合わせてご覧頂きたいお勧めコンテンツ】


■4月下旬から始まるヤマトシロアリ群飛に備え、ハネアリの特徴をチェック!!
 >> 図解と動画でサクッと把握できる「シロアリ図鑑」はこちら



■活用方法は10社10色!経営に役立つ「床下調査」の活用事例をチェック!!
 >> 提携ビルダー様へのインタビューをご紹介しています


ベストな方法を

こんにちは!

関東はもう真夏日です(汗)どうも東京事業本部臼井です。


一昨日の大荒れから一転、昨日は真夏の暑さで体がびっくりしています!
春はどこへ?って感じですね。笑


さて、ハネアリ警報も発令中ですが、先日このような現場にお邪魔させて頂きました。


IMG_6075.JPG
風窓です


床高がとっても低そうですね!!

床下に入れない時のシロアリ防除ってどうやるんだ?と思っていらっしゃる皆さま!!

任せて下さい!!!(ドヤ顔)


pic_workflow16.jpg
こーんなやり方や、


pic_workflow13.jpg
こーんなやり方があります!

1枚目は
泡沫施工といいまして、
床下が狭いなどの理由で床下へ入ることの出来ない構造で施工技術員による工事が難しい場合の処理方法です。
シロアリ防除薬剤に発泡剤を添加します。
発泡機を使用し床下に薬剤を流し込み充満させます。床下が泡でいっぱいになります。

2枚目は
外周土壌処理といいまして、
家屋外周の土壌へ薬剤を散布し、外側土壌からの侵入を防ぐ処理法です。
コンクリートの場合は、必要に応じて6mm・約1m間隔で穿孔し薬剤を注入します。
注入後、セメントで穿孔箇所を補修します。

(IGHP抜粋)

シロアリ防除工事の前には、必ず床下点検を受けて頂き、その住宅にベストな施工方法をご提案しております。
この技術力は、創業1899年の弊社だからこそご提案できる安心安全な方法です!!

シロアリ防除とは、床下に薬剤を散布するだけが目的ではありません。


シロアリの脅威にさらされることなく、永く安心して暮らしていける、そんなご提案を日々お客様にしていきたいと、考えております。


これから本格的なハネアリシーズンです。
お困りごとがございましたら、是非お気軽に近くの担当へお問い合わせください。


__________________________
最後に

立川のビルダー様に教えて頂いたハンバーガー屋さんに先日行きました♪


IMG_6085.JPG
オシャレな外観


IMG_6088.JPG
お肉がジューシーで美味しかったです!!


IMG_6105.JPG
東京駅で黄色いアイツを発見しました!
ドクターイエローとてもカッコよかったです!!興奮!笑


☆臼井☆

きずな【絆】

人と人との断つことのできないつながり。離れがたい結びつき。
良きめぐり合いから、ビルダー様の為になるサービス・情報を提供する事により、より深い絆をつくっていくこと。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

緒方 彩乃
担当エリア:東京都
いつも元気に明るく楽しく♪そして、ビルダー様を元気にしたい!私と関わる全ての人が、心も体も経営も、今以上に元気になって頂けるようサポートします。

臼井 知美
担当エリア:東京都多摩地区
今年、横浜支店から東京事業本部へ異動になりました。横浜で培ってきた経験を活かし、新たなビルダー様からたくさんご縁を頂けるよ
う、日々奮闘中です。永く安心して暮らせる住まいづくりのお役に立てるよう、ワクワクするご提案をしていきたいと思います♪

山中 のぞみ
担当エリア:静岡県中部地区
大学ではアートマネジメントを専攻していました。土壌は少し違いますが、住宅メンテナンスを通してビルダー様にもお客様にも幸せをお届けできるよう日々奮闘中です!

島 翔子
担当エリア:静岡県西部地区
静岡県浜松市出身です。
まだまだ勉強中の毎日ですが、工務店様により良いサービスをご提供出来るように持ち前の元気とガッツで、笑顔と共にご訪問させていただきます!

佐藤 恵子
担当エリア:名古屋市北部・中央部、愛知県尾張西部地区
岐阜県多治見市出身、岐南町(岐阜市の隣)在住、岐阜から名古屋へ異動して参りました。ビールと猫をこよなく愛しています(笑)
これまで岐阜で学んだことを、今度は名古屋の工務店様のお役に立てるように活かしていきたいと思います。
新たにまたご縁が広がっていくことを楽しみに頑張ります!

片山 めぐみ
担当エリア:岐阜県
京都出身で、登山好きな三児の母です。主婦目線を活かして、ビルダー様の痒い所に手が届く存在になれるよう、明るく楽しく頑張ります!

最近のエントリー

過去の記事

コメント

トラックバック

スタッフブログ

関連リンク


株式会社アイジーコンサルティング(住宅メンテナンス・シロアリ防除・耐震・リフォーム・新築)

【浜松本社】
〒430-0906 静岡県浜松市中区住吉4-9-5 [MAP]
[電話] 053-473-8230 [FAX] 053-476-7474 [E-Mail] about@ig-consulting.co.jp
【営業所・ショールーム】
横浜支店 / 厚木店 / 千葉店 / 大宮店 / 静岡店 / 沼津店 / 掛川店 / 磐田支店 / イオン浜松市野店 / 浜松支店
豊橋店 / 豊川店 / 岡崎店 / 名古屋南店 / 名古屋支店 / 春日井店 / 岐阜支店

白蟻防除・駆除 / 住宅メンテナンス / 耐震補強 / アフター管理 / 定期点検